外為主婦の楽楽FXへようこそ

 ご訪問ありがとうございます。
 BrainTradingSystemを検証しています。
 相場の強さを赤と青と緑で表現するチャートです。
 エントリーのポイント、エグジェットのポイントを
 シグナルが表示します。
 後は、トレンドに乗るだけ,,,

   BrainTradingSystemの英語版マニュアルを
 日本語にしています。
「FX外国為替証拠金取引でお金の木を育てよう」
 お時間がございましたら、どうぞお運びください。


 最新記事もよろしくお願いします。
 この下にあります。


commercial

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為主婦の楽楽FX☆「慢心」
外為トレーダーのみなさま こんばんは

 「質の異なるリスクをスマートに管理し、
収益を極大化できる」、発達した金融工学を背景に
したファンドの動きを、日経新聞はこのように
表しています。

 新興国株式のリスクを先進国の債券でカバーし、穀物価格と
通貨の変動を相殺することが、その技法のようです。

世界的なカネ余り、極めて小さな相場の振れ、巡航速度の景気の
拡大ー。「投資のゴルディ-ンロックス(理想郷)」が続くとの
読みを背景にマネーは世界中を駆け回っていたそうです。

そこに、今回の中国上海株式市場の株安が米国株安に連鎖し
株式債券市場から流失した
グローバルな投資資金は落ち着き場所をもとめて
彷徨っているそうです。

中国発の同時株安は、グローバルに実体経済とマネーのバランスを
図る難しさを示した。日米欧だけの舵取りでは市場を制御し切れない。
「投資リスクは管理し切った」という投資家の慢心を
今回の連鎖株安は打ち砕いたと昨日の日経新聞は伝えています。

外為主婦は、金融工学とかいう
難しいことはわかりませんが
「慢心」していたように思います。

金利差はまだあるので、キャリートレードは
再開されるだろうと思っていました。
だから、成り行きに任せていたところがあります。

とりあえずポジに蓋をしているので
夜も安心して眠れますが
ここから這い上がるのは
楽ではありませんね。

ひぇ~、えらいことになってしまった。

でもですよ。私のポジはすべて1000単位です。
金額的にはダメージ大きくありません。
この点も「慢心」につながったかも知れませんが。

チャートからの情報を的確に読み取れるように
なりたいです。

では、良い週末をお過ごしくださいね。

スポンサーサイト
外為主婦の楽楽FX☆自分年金を作りたい
外為トレーダーの皆さま こんばんは

 今日も日経新聞の記事を参考にして
書きます。
 2月6日付けの記事です。

 厚生労働省が、厚生年金を受給するモデル世帯の年金受給見
通しをまとめたそうです。
 高めの成長率が前提なら、2030年頃でも、
政府公約の50%台を維持できるそうです。
(現在、景気は良いそうです。実感ないけど)

しかし、これまでの経済前提で試算すると
出生率を考慮にいれると
40%台になるそうです。

重ねて言いますが、
景気は良いと言われていますが、
実感はないのです。

また、この景気が将来にわたって継続される
という前提も危うい気がします。
それに、すべからく女性は機械のように
子供を生めないと思いますし。

では、受給率が40%台になってしまうのも
将来の生活が心配になりますよね。

だから、外為主婦はFXで
自分年金を作ろうと思うのだけど
この考えも危ういかな?
でも、がんばろう!

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
お役に立ちましたでしょうか?

それから、トレードのほうは、AUD/JPN:ロングで
含み益中。やっぱり嬉しいです。

 では、みんなで為替に勝ちましょう。







 
外為主婦の楽楽FX☆グローバル時代は信頼競争の時代
外為トレーダーの皆さま こんばんは

 働き始めた会社に図書室があって
そこに日経新聞のあるのを見つけました。
2月5日のを読んでたら
為替の動向と関連のありそうな記事を見つけました。

 「円の信頼こを成長の土台:日銀の独自性を守る成熟国へ」
主管論説委員:岡部直明氏の論説です。

『 たとえばドイツでは、
「中銀を批判した人が批判される」という伝統があり
 日本には
「日銀を批判した人が喝采を浴びる」という風潮がある。
日銀の政策決定会合が近づくにつれ、政府与党から批判が繰り
返される。

 一月の利上げ見送りは、日銀内にも慎重派が多数だったため
政治圧力に屈したわけではないが、
 政治圧力の下で利上げを見送ったことで、日銀の信頼に傷が
ついた。

 円安独歩の背景には意図的な円安誘導があるのではないかと
いう疑念も抱かれている。
 また尾身財務相があえて日銀の政策決定に議決延期を請求し
ないと表明したのは、G7の円安誘導をかわすためだろうとのこ
と。』

以上が冒頭部分の大体の内容です。
ここまで読んできた
外為主婦は思いました。

日本がこのまま何もしないのなら
G7後も多分円安じゃないのかな
円安は歓迎といえば、歓迎なんだけど
だけどね、いきすぐるとね、物価にも
影響するんだよね。

グローバル時代は信頼競争の時代といわれるそうです。
今企業は、信頼競争に勝ち残るために懸命です。
そんな姿が、働くことで感じられます。

そう私たち国民はいつも懸命なんですよ
福井さん。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
なかなか愉しい話がかけなくてごめんなさい。
また明日も頑張ります。

それから、トレードですが
今日と昨日はお休み
月曜日にドル円ショートで20pip
ささやかですが、ゲットです。

では、為替で勝てますように。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。