外為主婦の楽楽FXへようこそ

 ご訪問ありがとうございます。
 BrainTradingSystemを検証しています。
 相場の強さを赤と青と緑で表現するチャートです。
 エントリーのポイント、エグジェットのポイントを
 シグナルが表示します。
 後は、トレンドに乗るだけ,,,

   BrainTradingSystemの英語版マニュアルを
 日本語にしています。
「FX外国為替証拠金取引でお金の木を育てよう」
 お時間がございましたら、どうぞお運びください。


 最新記事もよろしくお願いします。
 この下にあります。


commercial

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為主婦の楽楽FX☆自分年金を作りたい
外為トレーダーの皆さま こんばんは

 今日は自分年金を作りたいその3です。

 果たして我家が将来受け取れる年金額はいくらくらいなのだろう。
とても気になったので調べてみました。

ショックでした。
少ないです。
食べるだけなら、まあ何とかというくらい。
年金シュミレーション

時間には余裕が生まれるけど
経済的には、厳しいかな
って感じです。

やっぱり
自分年金がほしいです。
旅行だって行きたいでしょ!
旦那さんは
美大で絵を画いてたから
オランダとかの美術館へ行きたい
とか言ってます。

だからね
自分年金です。

昨日はスワッポ(スワップ金利)で月30万
いただくには、レバ10倍で800万を運用すると
可能かな、と書きました。

じゃ、800万はどうやったら
ということになりますが
借金してはいけません。
特にサラ金さんからは

地道に毎月1万円を積み立てると
単純計算ですと66年かかります。

しかし、
地道に毎月1万円ずつの積み立てながら
複利で金利10%で運用できれば
20年くらいで達成できそうです。
複利計算機

たとえばドル円を一年に一本(10000単位で)
ずつ買い増していくとか。
スワップ益も引き出さないで
レバを10倍以下にコントロールしながら
為替差益も狙いながら
60本くらいまで買い足せられれば
自分年金の出来上がりです。
(今の金利差が続くことが前提ですが)

焦らないことが大事だと思います。
と自分に言いきかせています。

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。
それにしても
老後の頼りになるはずの年金
予想以上に少なくなりそうです。












スポンサーサイト
外為主婦の楽楽FX☆自分年金を作りたい
外為トレーダーの皆さま こんばんは

 
 今日は自分年金を作りたい☆その2です。

 
スワップ金利で毎月30万円くらいの収入を得るとして、
たとえばドル/円なら
必要な資金はどれくらいでしょうか?

外為主婦はあまりこういった計算は得意ではないので
単純な方法でやってみます。
間違いがあったら
ご指摘くださいね。

たとえば、ドル円をロングしていくことにします。
今現在、ドル円10000通貨単位のスワップは161円です。
スワップ金利は毎日いただけますから
一日、10000円スワップ金利がいただけるといいですね。
そうすると
10000円/161円=62.11本
10000通貨単位で、63本ポジをもては
毎日10000円強がスワップとしていただけることになります。

では、必要な資金はどれくらいでしょう。
外貨預金で考えてみます。
1ドル121.40円として
121.40円×63×10000=76482000円
外貨預金はレバレッジ1倍です。

FXはレバレッジを設定することができるので
レバレッジ10倍で運用することにすると
76482000円÷レバレッジ10倍=7648200円

担保金が800万円用意できれば
月30万円の不労所得が期待できそうです。
7千万だとちょっとな~って思うけど
800万なら、何とかなりそうって
思いませんか?

実は外為主婦はこの半分でもいいなって思っています。
実現できそうなところから、
自分年金を作っていきたいと思います。

明日はFXで800万円を着実に作る方法を
考えてみたいと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
明日も頑張りますので
よろしくお願いします。

為替で自分年金を作りましょう。







 









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。