外為主婦の楽楽FXへようこそ

 ご訪問ありがとうございます。
 BrainTradingSystemを検証しています。
 相場の強さを赤と青と緑で表現するチャートです。
 エントリーのポイント、エグジェットのポイントを
 シグナルが表示します。
 後は、トレンドに乗るだけ,,,

   BrainTradingSystemの英語版マニュアルを
 日本語にしています。
「FX外国為替証拠金取引でお金の木を育てよう」
 お時間がございましたら、どうぞお運びください。


 最新記事もよろしくお願いします。
 この下にあります。


commercial

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為主婦の「楽楽」FX☆値に惚れた売り 外為トレーダーの皆さま こんばんは
 昨日配信されたJNSの日報に「値に惚れた売りが出てくる
ことも想定して、急落には注意したい」って書いてあったの
を忘れてしまった外為主婦です。夢中に
なってプログいじりしてました。
 いや、でも「値に惚れた売り」ってインパクトのある言葉
と思いません?そして今日の急落、外為主婦は
JNSの日報を書いてる人ってすごいと思いました。さすがプロです。
 さて、本日は米雇用統計の発表があります。
円キャリートレードの解消が始まっているとみると、
今晩は寝不足になりそうですね。

 
スポンサーサイト
外為主婦の楽楽FX
外為トレーダーの皆様 こんばんは

銀行は法人税を納めなくてもいい?
朝のテレビ、みのもんたさんが言っていました。
膨らんだ利益は政治献金に使う予定とも
放送していたように聴きました。
本当なら納得できないなと思います。

銀行が政治献金すれば、
政治家は銀行に更に有利な政策をはかるのでは
銀行ますます儲かって、、、

てなことになるのではないでしょうか!

こんなことを考えながら新聞を読んでいたら
目に留まった広告があります。

うれしい「年6回利払い」の外貨建て債券
たとえば、リタイア後の「円熟人生」において、定期的な収入が期待できます。

米ドル建債券:年3.75~4.75%売出期間2006年12月6日~12月14日☆2010年12月満期
ユーロ建債券:年2.60~3.60%売出期間2006年12月6日~12月14日☆2010年12月満期
AU$建債券:年5.00~6.00%売出期間2006年12月6日~12月14日☆2010年12月満期
という広告。

FXと比べてどうでしょう?






       
4自分の投資スタイルで世界の通貨に投資できる
 米ドル、ユーロ以外にも投資できます。

一般的に「為替レート」は1米ドルにつきいくらという単位で公表されています。

アメリカドルが世界の基軸通貨という理由からですが、最近は「ユーロ」という新

たな通貨が登場したため米ドルとユーロの二本立てで公表されています。
しかし、欧州12カ国の統一通貨であるユーロを除けば、基本的に国の数だけ通貨の

種類があると考えられます。
現在は、海外のほとんどの通貨が日本円よりも金利が高いので、円を売って海外通

貨を買えば、スワップ金利を稼げます。スワップ金利の高い通貨は、豪ドル、NZド

ル、英国ポンドがあります。カナダドルはスワップポイントはこれらよりも低い金

利ですが、安定性があるとされています。米ドルと並んでスワップポイント狙いに

適した通貨だといえそうです。
短期投資、長期投資のいずれのスタイルをFXなら取ることができます。しかし、そ

のどちらにもレバレッジの調整と損切りなどのフォローは欠かせません。
3外国為替市場は24時間眠らない
 仕事が終わり帰宅してからでも取引に参入できる

東京株式市場が開場しているのは午前9時から午後3時まで。仕事中であればこの

時間帯に株取引に参加するのは難しいですよね。
ところがFXなら、帰宅してからでも取引に参加できるのです。たとえばニューヨー

ク市場、午後11時に開場します。主な経済指標が発表され最も活発に為替取引が行

われる時間帯です。
つまりFXなら、最もホットな時間帯に外貨投資を始めることができるのです。
2外貨投資のポイントはコストにあり
 外貨預金の落とし穴

銀行が取り扱っている外貨預金は最も身近な外貨投資です。しかしFXと比べて個人

が外貨投資を行うのに非常に不利な条件になっているのをご存知でしょうか?下表

にFXと外貨預金の主な相違点をまとめました。FXなら為替手数料が往復で20銭くら

い(取引業者により異なる)。
わずかに円安が進むだけでも為替差益を得ることができます。
1外貨投資が注目を集めているワケ
 今、個人の間で外貨投資が注目を集めています。

理由その1は、日本の金利水準が余りにも低いからです。
世界の中で日本金利水準はまだまだ低い。100万円を1年定期で運用しても、受け取

れる利息は200円程度。泣けてきますね。
 ところが、外貨で運用すれば、為替リスクはあっても、日本円よりはるかに高い

金利で運用ができるのです。

理由その2は、日本は少子高齢化が急ピッチで進んでいます。有効な対策も打ち出

されていません。このまま少子高齢化が進めば、日本経済の活力は確実に後退し円

安に進むと言われています。円安で円建て価格が上昇することで起きる輸入インフ

レが懸念されています。
自国通貨安のリスクを軽減して自分の資産を守り、かつ低金利による運用難を打開

するためにも、外貨投資を真剣に考える時期であるといえます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。