上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外為主婦の楽楽FX☆<為替は両建て・勝率向上編(線組)>
外為トレーダーのみなさま こんばんは

 相場は買いたい人と売りたい人の出会いがあって
成り立つものですね。

買いたい人が少なくなると、相場は下がり
売っていた人が買い戻しをしたり
新たに買いに入る人が増えると
相場は上がり始めるようです。

 ロウソク足の足型は相場の心理を反映しているように
 思います。

 ロウソク足は実体とヒゲで出来ています。
実体は始値と終値を結ぶ太い線
ヒゲは高値と安値を結ぶ細い線、
実体から上に突き抜けた部分を「上ヒゲ」
実体から下に突き抜けた部分を「下ヒゲ」といいます。

 陽線と陰線の区別があります。
陽線は始値よりも終値が高い場合:買い勢力が売り勢力より強いことを示
します。
陰線は始値よりも終値が安い場合:売り勢力が買い勢力より強いことを示
します。

 また実体の長さは力強さの程度を表しています。
 ヒゲの出方は、動向の目処にもなりそうです。
 
 たとえばチャートの右側を隠して
次に来る足型を推測してみる。相場の心理を踏まえながら。

 市場がお休みの土日は、こんな練習をしてみようと思います。
下のチャートはドル円(日足)です。
先週の金曜日は、同事線で終わっています。

 この同事線の俗称は「カラカサ」と呼ばれているもの。
 下値圏では底値確認、上昇転換の暗示
 上値圏では下げ転換の暗示
 中段では、上伸の可能性を暗示する線だそうです。
(外為塾さんの記事を参考にさせていただきました。)

明日の幕明けが気になりますね。




 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
私は最近になって再びロウソク足に注目してます。
酒田罫線とか勉強してみたいですね。
お勧めのHPや書籍があれば教えてくださいね。
2007/04/03(Tue) 06:46 | URL  | のだめ@絶対儲けるFX為替相場練習帳 #6x2ZnSGE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。