上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外為主婦の楽楽FX☆為替は両建て‐やってみよう
外為トレーダーのみなさま こんにちは

 両建てのメリットについて書きますね。

 単純に、相場観を考慮しない前提で
 ポジションを3本たてると仮定します。
 ドル円はロングにスワップが付きます。
 ですので、
   ショート1枚:ロング2枚で建てます。
 建値は118円だったとします。

仮に200日後、必要があって円に交換する必要が発生しました。
 (スワップ金利は±15円/日×200日=約±3000円)
 思惑とおりに為替がうごいて3円の円安で121円になったとします。
 為替差益は3000円(-3000+6000)
 スワップ益は3000円(-3000+6000)
 合計約6000円の利益になります。
 (効率は良いとは言えませんが)
 逆に
 為替リスクが発生して、円高になっていました。
 為替レートは115円になっていたとします。
   為替差損は-3000円(+3000-6000)
 スワップは+3000円(-3000+6000)
 合計0円(約☆)で差損は相殺されました。

 とても消極的だと思われるかも知れませんが
 三本が共に同値もしくは同値に近い限りは
為替リスクに対応したポジション取りなのです。
 スワップ金利がある程度まで積みあがるまでは
このポジションが安心かなって思います。
効率は悪いですがレートが曲がっても損失は小さく押さえられます。

 もちろん3円の円安になるまでショートポジを必ずホールドしな
いでも、とか
 3円の円高になるまで放置はしない、とか
ご意見はあると思います。上記のパターンはあくまでも基本例です。
ポジションを上手く動かすことができれば
効率はより上がると思います。

 

 そして、スワップ側のポジを持っている限り
日々、スワップは加算されます。また、ショートをヘッジとして
持っていれば、心理的に楽ですし長期にホールドできます。

 心理的に楽がこの両建て法の最大のメリットです。

ポジションはショート1:ロング2(スワップ側)
建値は三本共に同値もしくは同値に限りなく近いこと
が前提です。

 それから、この方法は外為主婦のオリジナルではありません。
教えていただきました。その方は時々コメントを残していって
下さってます。その方のプログにはもっと詳しく方法論が書いて
あります。

☆約としたのは、手数料、ショートとロングの金利差を 無視しているからです。                 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大吉w
この場合、バイカイ(売買)したらとなりますね。

通常同数になるのですがw
さて、スワップの優位性を使い、更に建て玉操作(ツナギ、分割)を加えるとかなり有利になっていきます、市場に長く参加したいなら、具体的な数字で過去の検証を行い負けない方法を考えるのが大事だということですね、補足ですがw。
マダイ
2007/04/22(Sun) 09:58 | URL  | 外為FX☆簡単テクニカル分析必勝法 #592Xd23o[ 編集]
コメントありがとうございます
マダイ様:はい。負けない方法を自分のモノにしたいですね。
2007/04/22(Sun) 23:32 | URL  | zhuan@外為主婦の楽楽FX #-[ 編集]
v-254おはようございま~す
両建ておもしろそうぅ
よくよく読んで練習してみたいな
2007/04/23(Mon) 09:49 | URL  | FX姫 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。