上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般的に「為替レート」は1米ドルにつきいくらという単位で公表されています。アメリカドルが世界の基軸通貨という理由からですが、最近は「ユーロ」という新たな通貨が登場したため米ドルとユーロの二本立てで公表されています。
しかし、欧州12カ国の統一通貨であるユーロを除けば、基本的に国の数だけ通貨の種類があると考えられます。
現在は、海外のほとんどの通貨が日本円よりも金利が高いので、円を売って海外通貨を買えば、スワップ金利を稼げます。スワップ金利の高い通貨は、豪ドル、NZドル、英国ポンドがあります。カナダドルはスワップポイントはこれらよりも低い金利ですが、安定性があるとされています。米ドルと並んでスワップポイント狙いに適した通貨だといえそうです。
短期投資、長期投資のいずれのスタイルをFXなら取ることができます。しかし、そのどちらにもレバレッジの調整と損切りなどのフォローは欠かせません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。